移動平均線でトレンドを見る!

移動平均線でトレンドを見る!

まずはじめに習得すべき移動平均線とは

どこから手を付けて良いのか分からないテクニカル分析ですが、まずは移動平均線からチェックすると良いでしょう。移動平均線はすごく基本的な指標ですし、テクニカル分析とはどういったものかを理解するのに丁度良いです。こうした入門的な指標を利用することで、難しい指標を勉強する時にも役にたつと思います。いきなり難しいものにチャレンジしても、挫折することが多いと思います。自分のレベルにあったところからスタートすることで、継続して頑張ることが出来るのです。もし分からない部分があれば、移動平均線に書かれた書籍はたくさん存在しています。わざわざ人に聞かなくても、書籍を読むだけで覚えることが出来るのです。こうした敷居の低さも、移動平均線の人気を集める理由になっています。

相場を把握することが出来る移動平均線

移動平均線はトレンドタイプと呼ばれるテクニカル分析の指標になります。トレンドタイプとは、名前の通りトレンドを把握するためのものです。なぜトレンドを知りたいのかと言うと、相場がどちらに動くのか予想するためです。価格が上がるのか下がるのか、将来的な値動きを予測するにはトレンドを把握することが大切です。とくに為替市場はトレンドが一方方向に継続してうごく傾向になります。したがって、他の市場以上にトレンドが重要なのです。移動平均線が上向きになっていれば、その相場は上昇トレンドになっています。今後も価格が上昇する確率が高いと思います。移動平均線が下向きになっている場合、それは下降トレンドを意味しています。下降トレンドは、今後の価格が下がる事を意味しています。こうした状況を把握することで、勝率の高いポジションを取ることが出来るのです。間違ったポジションを取らないようになれば、自然とお金も増えていくと思います。焦って投資をする必要はありませんから、まずはこの部分をおさえるようにしてください。

売買タイミングを測る方法

移動平均線を2本使えば、売買のタイミングを測ることも可能です。デッドクロスとゴールデンクロスが、かなりメジャーな指標になります。デッドクロスが発生したら、売りサインになります。逆にゴールデンクロスが発生した場合は、買いサインとなるのです。どちらもメジャーな指標なので、多くの投資家がチェックしています。この指標を知らない人は、まずいないのです。移動平均線をマスターしたら、次のテクニカル指標にチャレンジするようにしてください。もっとも移動平均線は使い勝手がいいので、これだけでも投資に勝つことが可能になっています。無理に難しいことをしなくても、シンプルで分かりやすいサインを利用することが大切です。